top of page

特徴

リンドウは日本原産の植物で、古くから根を薬として中国、日本で利用されてきました。

切り花のリンドウは茎がとても長く、花が段咲きに咲き、色は青、白、ピンクと多彩です。

日光東照宮で知られる栃木県は切り花のリンドウ生産の歴史は古く、地元で品種交配されたリンドウを長く生産しています。

切り花としてはとても日持ちがよく、天然の青い花色はとても人気があります。

特徴
日本の花1054.jpg

使い方・事例

長さを生かしたディスプレーやアレンジメントなど。

短くカットして、ブーケに使うこともできます。

使い方・事例

主な生産地

栃木県

出回り時期

5月〜10月

bottom of page