top of page

特徴

1300年前まで日本の都は奈良県にありました。

その古都、奈良県にある西吉野地区は古くから梅や桜の生産が盛んで、今でも早春には梅林が人気を集めています。

サンシュユをはじめとした薬用植物の栽培が、現在の切り枝生産の礎となりました。

早春の愛らしいサンシュユ、緑が美しいアセビ、茶道では欠かせない椿、豪華に開くモクレン、日本らしいサクラ、赤みのある葉が美しいナツハゼなど、どれも日本の原風景に欠かせない植物です。

長年の職人技を感じるクオリティーが自慢です。

特徴
2c ハナモモ.jpg

使い方・事例

スタイリッシュなイケバナスタイルはもちろん、ディスプレーに枝を大胆に飾るのがおすすめです。

使い方・事例

主な生産地

奈良県 西吉野

出回り時期

周年(年間を通じて様々な種類の花木がリレーをしながら出荷されます)

bottom of page