top of page

特徴

日本の花として知られるサクラ。

切り枝のサクラはよく知られている庭のサクラと種類が異なります。ケイオウザクラといい、複数のサクラの品種交配により誕生しました。

花色は淡いピンク色で、切り枝としては促成栽培が日本の東北にある山形県で行われています。

特に山形県のケイオウザクラは生産量が日本一で、色、枝ぶりともにクオリティーが高く、12月から春まで長く楽しむことができます。

特徴
日本の花 5184.jpg

使い方・事例

枝を生かしたディスプレーやブーケなどにおすすめ。つぼみからきちんと咲いてくるので、長く楽しめます。

使い方・事例

主な生産地

山形県

出回り時期

12月〜4月

bottom of page