top of page

特徴

欧米でも人気のアスチルベですが、日本の長崎のアスチルベは少し違います。

茎が短く、花穂もコンパクトです。

これが吸水がよく、日持ちのよさの秘訣です。

独自の技術で染色したブルーやグレーなどの多彩なカラーリングのアスチルベも手がけています。

フラワーデザインの名脇役として活躍できる花です。

2003年にアスチュルベ部会が立ち上がり、日本一の生産量を誇る産地になりました。

アスチルベは元々水が下がりやすく切花には向かない花でしたが、アスチュルベ部会の生産技術の向上やオリジナルのカラーリング技術の開発により今では日本全国から問い合わせが来るほどの人気花材になりました。

この染色技術は門外不出!

アスチルベに魔法をかける、世界中でここにしかない逸品です。

特徴
0520_KZ72814_1.jpg

使い方・事例

フラワーデザインのアクセントに。ブーケのイメージに合わせて好きな色をチョイス。アスチルベ独特の質感と、咲いてきたときのふわふわした柔らかさがポイントです。ある程度飾ったら水から上げて吊るしておくと、色はそのままで綺麗にドライフラワーになります。

使い方・事例

主な生産地

長崎県 アスチュルベ部会(JAながさき西海)

出回り時期

bottom of page